不埒なディンクス女の吐き出すくだらない言葉(パソコン閲覧限定)

罵詈雑言-本能ノ趣クママニ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

偽りの自分を演じることも
ときには
必要なのでしょうね

本当は あんな風にしたくなんかなかったのに
本当は こんな風にしたかったのに

そんな 態度でいた方がいいってことも

  1. 言霊
  2. [ edit ]

今の季節
須磨から垂水へ続く国道二号線の沿道に
たくさんの向日葵が並んで咲いている

距離にして約1キロメートルの細長い花畑
目で夏を感じられる毎年の光景

車を止めて写真を数枚収める

排気ガスと熱風が呼吸を浅くするのが面白くて
私は心の中で叫んだ

「逃げるな、夏!」
「またまだ、これから!」

  1. 随筆
  2. [ edit ]

袋小路に迷い込むと
人はときに
オノレに甘く
アダビトに厳しくなることも
ございましょうぞ

かような時は
何卒
何卒
お許しを賜りますれば

  1. 言霊
  2. [ edit ]

ネオンカラーに満たされた路地沿いにある古ぼけたビルの湿った細い階段
くの字に昇ったその先の楽園へ今宵も躰を放り投げる

入り口には肌の色と同化した刺青が袖から顔を覗かせるセキュリティマン
白眼だけが生きている
四角い箱の奥から流れ入る胃袋を突き上げる音楽と
コンクリートの壁に映し出された揺れる影があまりにも幻妖で
嬉しくなった私は
バーテンがほくそ笑みながら差し出すコロナビールのボトルの首根っこを鷲掴みに奪い取り
酒と煙草が頃合よく配合された充満する香りを肺臓いっぱいに吸い込んで

笑った

素敵にサイケデリック
トリップの宴

「女を釣ってこい」と命令する顔面崩壊の主と
報酬の白い粉欲しさにヨダレを流して命令に従うドブネズミ野郎が一匹

嗚呼、なんて美しき主従関係

近づいてきたネズミが臭い息を吐きながら「君にもあげるから」と耳元で囁く
心の中で唾を吐きかけトイレに逃げ込む私
隣の個室からは肉体同志がぶつかる高周波な音と雌豚の喘ぎ声が耳を酔わす

愛すべき安住の地
トリップの宴

  1. 謗言
  2. [ edit ]

今宵 この一曲を肴に 酒を食らふ

乱れた髪風になびく
土の匂い燃え尽きて
人差し指
風向き調べる
今日も降ってくれるといいな
ちょっと深呼吸
こびりついたあなたの残り香薫る

そっとあふれだす記憶
雨のセレナーデ
微睡む夢の中
冷めたなら
今日も流れ出す


―― EGO-WRAPPIN'「老いぼれ犬のセレナーデ」より(音源(PV)はこちら

  1. favorite
  2. [ edit ]

まさかだと思うけれど、愛されているとでも?

だとしたら、なんて愚かな男
可哀想ね

あたしはね、あなたの肉棒と濡れた舌が好きなだけ

跨って喘いでいる最中も
あなたの髄に流れる変わらない利己主義を見下して
学習力のない人ね、と、
心から馬鹿にしているのよ

股を開いて
腰を振って
いかせてあげているのは
誰だと思っているのよ

あたしほどの女の中に入れさせてもらっているだけ
ありがたく思いなさい

あたしを支配していると思ってるんだったら
どうぞご勝手に
あたしはあなたのその単細胞な思いを
賢く利用させてもらうだけだから

それが事実
それだけがね

ほんと、ふざけるな

  1. 謗言
  2. [ edit ]

夏が香りはじめた

制服を脱ぎ捨てて海まで行こう
二台の自転車を走らせて

シャリシャリシャリ
チリチリチリ

車輪に押しつぶされるアスファルトの上の小石と
跳ね上がってスポークにぶつかる小石とが奏でる別々の音色

私よりも力があるからペダルを踏むスピードが速くて
ついて行くのに本当に必死だった

必死が幸せだった

小石のリズムに重なる蝉の声と波の音と
二人を包み込むあの時の潮風の匂いは

今でも憶えている


  1. 言霊
  2. [ edit ]

あなたがその時々に投げかける私への言葉には
きっと深い意味はないのだろうけど

私が聞きたい言葉をわざと封じ込めるその行為には
きっと特別な理由があるような

そんな気が

  1. 言霊
  2. [ edit ]

その手で触れられると すべてを許してしまう 私はあなたの雌奴隷

  1. 言霊
  2. [ edit ]

同じ空間で過ごす一日はとても大切

だけど

別々の場所で
それぞれの時間を過ごしている時
あなたは一体どれだけ
私を想っていてくれているのか

私を幸せにすることなど考えなくてもいい

私が不安になったり
私が悲しい気持ちになったり
私が猜疑心を持ったり

無言で殺めないで

同じ空間で過ごす一日以外のあなたは
本当に不誠実

  1. 言霊
  2. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

けいこ

Author:けいこ

幸福とは
幸福を探すことである

【補足】

●日記は「本館」で綴っています。基本、非常に駄文です。(最終更新:2016/12/21

●コメントを下さった方へは現在「私信③(一行レス)」でお返事させて頂いてますが、根っからの無精者なのでめちゃくちゃ遅いです。(最終更新:2017/02/17

●当サイトにおける「言葉」は自作ですが、「画像」はどこかの素晴らしいカメラマンの作品を拝借しております。ご了承下さい。

●尚、当サイトの表示確認ですが、パソコン以外の媒体では行っておりません。

掲示板

掲示板は「こちら」です。
本館との共用です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。