不埒なディンクス女の吐き出すくだらない言葉(パソコン閲覧限定)

罵詈雑言-本能ノ趣クママニ

 前の日のアルコールが幾分残る頭を揺り起こして、バッグから携帯を取り出しました。

 3日前、捨て鉢になって送った1通のメッセージに対して直後に連続して届いた5通のメッセージは未だ開封できないまま、赤丸に白抜きで⑤と入ったまま、怖くて読めなくて時間は止まったままです。ただ一つだけ確認できるのは5通目のメッセージが「おやみす」だってこと、それだけです。その状態のまま3日が経過しました。

「赤丸に白抜きで⑤」

 薄暗い部屋で手にした携帯から放たれる光が眼を刺激して嘔気を誘うけれど指は動かず、ただ鼓膜の脇を流れる血管がトクントクンと自分の鼓動を押しつけがましく知らせて来て、一度携帯から眼を反らしてどこからか決意らしきものが降ってはこないかと探してみるもそんなものあるはずもなく、再び画面に視線を戻しても映るものは赤丸に白抜きで⑤であって、何もしなければ何も終わらないし何も始まらないとわかっていて、それでもやっぱり怖くて、今更ながら「なんであんなこと言ったんだろう」と醜い後悔なぞしてみて、でもそんなことを思うことに意味も意義も皆無なわけで、唯一確認できる5通目のメッセージ「おやすみ」の文字を何度も読み返して、結局自分が何をしたかったのか、どうして欲しかったのか上手く説明できないことを知って、いや、本当は解っていて、必要とされていないような気がして悲しくて、ただただ確信したかっただけなんだとそう認めて、そして何度も見返した「おやすみ」の文字に否定的な意味はないように次第に感じ始めたので、ゆっくりゆっくりゆっくり、そっと画面に触れてみました。そこには、



 
気が短くて
傲慢で
求めてばかりの私に
あなたは

「ありがとう」

と言う

怒ってくれて
正直でいてくれて
愛を
愛を
愛を

「ありがとう」

そう言う


スポンサーサイト
  1. 随筆
  2. [ edit ]

プロフィール

けいこ

Author:けいこ

幸福とは
幸福を探すことである

【補足】

●日記は「本館」で綴っています。基本、非常に駄文です。(最終更新:2016/12/21

●当サイトにおける「言葉」は自作ですが、「画像」はどこかの素晴らしいカメラマンの作品を拝借しております。ご了承下さい。

●尚、当サイトの表示確認ですが、パソコン以外の媒体では行っておりません。

掲示板

掲示板は「こちら」です。
本館との共用です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -