不埒なディンクス女の吐き出すくだらない言葉(パソコン閲覧限定)

罵詈雑言-本能ノ趣クママニ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

今日もまた
賭博という名のエンターテイメントが開催される

場所は心
ディーラーは私
プレイヤーも私
ルールも私
すべて私

それはとても小さな賭け事で
一夜で泡のように忘却の彼方へ消え去ってしまう
勝ち負けのない勝負
結果なんて不要
撤回も自由

求めることは
刹那に浮かび上がる沸騰した想いや
粘っこい疑心を払拭処分すること
それが出来たらそれでいい
出来なかったら出来るまで繰り返すだけのこと

クダラナイと
馬鹿だと
笑われてもかまわない
あしらわれても気にしない

スポンサーサイト
  1. 言霊
  2. [ edit ]

乾いたコットンと濡れた肌が奏でるデュオ

「温かいお前の中で自分の体温を感じるよ」
「あなたの指の冷たさで自分の体温を感じるわ」

互いの吐息が交わってカルテット

オーディエンスは淡い灯りと
窓の外の雪

  1. 言霊
  2. [ edit ]

私の観念を見事なまでに覆す君

本当は嫌いなのに
人混みも 寒さも 待つのも

すべて君といるならではのこと
君がいるならではのこと

  1. 言霊
  2. [ edit ]

ピースが足りないの

失くしたのか
初めから無かったのかはわからない

でも 探すのが怖くて
探して見つからないかも知れないと思ったら
怖くて探せなくて
手近にあった似た形のを無理矢理はめてみたんだけど
それはとてもとても強引で
当たり前の結果だけど
仕上がったものは頭をかきむしるぐらいイビツで
どうしたの?とか なんで?とか
誰かに聞かれても上手く説明出来なくて
自分でしたことなのに
埋まらないままでいる事実に発狂しそうだったからと
自己弁護して
その結果の不自然さにぐうの音も出なくて
そうしたら知らないうちに泪が
腐った泪が滴り落ちたの

頬を伝うそれは本当に醜いものだったの

  1. 言霊
  2. [ edit ]

抱き寄せて絡まって引き裂いて壊したい
悩ましく誘って蹴落として潰したい
あなたと見た海にその首を沈めたい

---

キスをして囁いて舌を出し感じたい
ずっと舐め合って濡れながら悶えたい
後姿が遠く愛しくてそれだけ


―― Cocco「首。」より 動画:デビュー前
デビュー後




何度聴いても、狂おしいまでに切なくなります。

そしてこの動画、とくにインディーズ時代。
何度映像を見ても、顔が歪んでしまいます。
錆びたショベルであばら辺りをえぐられたような感覚に陥ります。

いい作品なのかよくない作品なのかはわかりません。
でも、私にとってこの一曲は私の一部です。

  1. favorite
  2. [ edit ]

胎内で感じていたような律動に身を委ねながら
まだらに濁った今にも崩落しそうな空を車窓から眺めていたら
急に

「あれはもしかしたら
 仮想世界で起こったことだったのかも知れない」

そんな気がしたの

「ざわわわ」

拍動に合わせて脈打つ血液のとどろき
怖くて煩くて思わず目をつぶる

「ざわわわ」

だめ、だめだ
だめ
このままじゃ、だめになる

話さなきゃ
会わなきゃ
そう
視線を交わしたじゃない
熱を帯びた真っ直ぐなあの視線
あれは偽りじゃない
あの視線を受け取りながら
感傷を託して流した視線
その視線を送りながら
伝えなきゃ
霞みがかった想いを
崩さないでという願いを

でないと
淡くて脆い大切な真実が喰われてしまう

「ガタンゴトン、ガタンゴトン」

会うの
話すの
そしてもう一度取り戻すの

  1. 言霊
  2. [ edit ]

よだれを垂れ流す飢えた女には
腐った肉ですらも貪りしゃぶる野郎が群がる

私はそこら中にまき散らす
退廃的な愛を

誰でもいいから拾いなさい
渇いた舌を入れて来なさい
顔など見ずに突き上げなさい
何でもいいから
どうでもいいから
私を満たしなさい
私を汚しなさい
私の中のこの膿んだ澱みをかき回しなさい

  1. 言霊
  2. [ edit ]

また現れた
足元に
灰色の沼が

ストン

つかむものは何もなく
ただ空を切る手
悲鳴は矛盾した理性に吸収され
あの人へは届かない

這い上がっても這い上がっても
不規則に突如として現れる
繰り返されるストラグルダンス

ストン

そしてまた 落ちていく

  1. 言霊
  2. [ edit ]

私のような生き物が口にするのは本当におこがましいことですが、
自分さえ幸せだったらいいと思っているようなゲスな女ですが、今凄く感じてます。

皆様、本当に本当にありがとうございます。

どうして、こんなに優しくなれるんですか?
深読みかもだけど、泣けて来ます。

ごめんなさい、今酔っ払ってます。泥酔です。
酩酊の力を借りて言うことを許して下さい。

こんな薄っぺらい陳腐なところに足を運んで下さる皆様に本当に感謝しております。
ありがとうございます。本当です。本当にありがとうございます。

泣けてきまます。
ありがとうございます。
しんどいです。
壊れそうです。

ごめんなさい。

  1. 随筆
  2. [ edit ]

嗚呼、そうだった
想いが馳せると、単純な行動や他愛もない言葉にすら詰まる


考えて、不安に苛まれて、怯えて
まるで足枷でもはめられているかのように動けなくなる

私はいつだってそうだった、そんな女だった

  1. 言霊
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

けいこ

Author:けいこ

幸福とは
幸福を探すことである

【補足】

●日記は「本館」で綴っています。基本、非常に駄文です。(最終更新:2016/12/21

●コメントを下さった方へは現在「私信③(一行レス)」でお返事させて頂いてますが、根っからの無精者なのでめちゃくちゃ遅いです。(最終更新:2017/02/17

●当サイトにおける「言葉」は自作ですが、「画像」はどこかの素晴らしいカメラマンの作品を拝借しております。ご了承下さい。

●尚、当サイトの表示確認ですが、パソコン以外の媒体では行っておりません。

掲示板

掲示板は「こちら」です。
本館との共用です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2016 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。