不埒なディンクス女の吐き出すくだらない言葉(パソコン閲覧限定)

罵詈雑言-本能ノ趣クママニ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

矛盾という流動エゴイストの海に
ゆっくりと沈んでゆく心地よさ
堕ちて堕ちて堕ちて、底に待つは
朽ちた孤独

スポンサーサイト
  1. 言霊
  2. [ edit ]

灼灼たる光を吸い込んだ瞳に映るこの景色を
いかに躰に刻み込むるか

我が手の内に感じるは 些細な一塊の幸福と
それの持つ重圧で
それはどこそこに散乱していて
どこそこで落日を迎える脆く儚い無限ループ

心が未熟なロマンチストは
この日々繰り返される他愛もない怒濤の想いを処理しきれず
ただただ振り返っては笑うだけ

眼下に延びる道
煙突の煙



小高い丘に次第に振り落ちる雨

  1. 言霊
  2. [ edit ]

普通
普通
普通
普通
普通って―

手前基準が本当に正しいのか?
そもそも、正しいってなんだ?

  1. 言霊
  2. [ edit ]

てくてくてくと歩いていると
道端に飴玉が一つ コロリと落ちていました

 「あなたは甘いものですか」 飴玉に問うと
 「極上に甘いです」 飴玉はそう答えました

ここのところ甘いものを口にしていなかったのは
最近根付いたひしゃげたプライドのせいなのですが
その時の私は
 「それならば」
そう言って道に這いつくばって尻を突出し
舌を上手に使って
飴玉を口の中に収めました

飴玉の表面には、土と、誰かの唾液が付いていました

瞬間、飴玉が小さく「あ」と言ったように思ったのですが
すぐに私の中でドロドロに溶けて
無様に消えてゆきました

飴玉が言っていた“極上”には程遠かったのですが
甘さはそれなりでした
美味しいとは言えませんでしたが
それなりに凌げました

私はその時知りました
自分が飢えていることを思い知らされました

  1. 言霊
  2. [ edit ]

仕事柄そうなったと思いたいけれど
きっとそれは違っていて
単純に私の話がつまらないから
私に興味なんかなくって

だから常に受容体

誰も私のことを聞いてくれない

  1. 言霊
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

けいこ

Author:けいこ

幸福とは
幸福を探すことである

【補足】

●日記は「本館」で綴っています。基本、非常に駄文です。(最終更新:2016/12/21

●コメントを下さった方へは現在「私信③(一行レス)」でお返事させて頂いてますが、根っからの無精者なのでめちゃくちゃ遅いです。(最終更新:2017/02/17

●当サイトにおける「言葉」は自作ですが、「画像」はどこかの素晴らしいカメラマンの作品を拝借しております。ご了承下さい。

●尚、当サイトの表示確認ですが、パソコン以外の媒体では行っておりません。

掲示板

掲示板は「こちら」です。
本館との共用です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。